株式会社オージス総研Copyright © OGIS-RI Co.,Ltd. All rights reserved.

「SEに向いてないかも」と感じたときの対処法

「SEに向いていないかも」と感じたとき、あるいは自分の同僚や友人がそのように悩んでいるときにどのように対応したらよいのだろうか。このとき、まず考えるべきなのは、なぜ「SEに向いていない」と思ったのかである。多くのケースは、SEの仕事が難しいという場合と、SEの仕事がつまらないという場合に大別できるのではないだろうか。

転職は特効薬だが…


こうした場合の特効薬として、「転職」がある。「SE 向いていない」でWeb検索すると、上位には転職サイトのなかで記載された対処方法やアドバイスが上位にヒットする。SEの場合、ほかの業種と比べてひとつの会社にとどまり続けるよりも転職するケースが多いのだ。労働環境が過酷な場合や、会社の将来性に展望が見えない場合は、転職が正解となることもあるかもしれない。しかし、無事に転職できたとしても、自分が変わらない以上は「SEに向いていないかも」という悩みは改善できないだろう。そこで、ここでは現在の職場にとどまり続けることを前提とする。

仕事が難しい場合


プログラミングは、生産性の個人差が非常に大きいことが昔から指摘されている。そのことを考えれば、努力してもプログラミング能力で優れた人にはなかなか追いつけないというのは仕方がない面もある。そのような状況で悩んでいる場合には、「SEの現場ではプログラミング能力に優れた人だけが求められているわけではない」ということも考慮すべきである。SEの業務は、直接プログラムを作成することのほかに、チームをまとめ上げるマネージメントや、顧客とのコミュニケーション、ドキュメントの作成、外注管理など多岐にわたる。そうした仕事のなかで、自分が貢献できることを探すのも突破口になるのではないだろうか。たとえば、プロジェクトチームが円滑に機能することへの貢献が認められたり、顧客からの信頼を得られたりすれば、プログラミング能力では劣っても、SEとしての居場所は得られるはずだ。

仕事がつまらない場合


SEとしての仕事がつまらないと感じたときは、その原因を掘り下げるとよいだろう。たとえば、つまらないと感じた原因は実は仕事ではなく、人間関係だったという場合も多い。その場合は、人間関係の改善に努めるべきである。
仕事自体がつまらない例として、プログラミングがメインの業務になると想定していたのに、ドキュメントの作成や会議、あるいはテストなどに忙殺されてしまったという場合だ。SEが実際に駆使するツールが、プログラムを記述するためのIDE(統合開発環境)やテキストエディターなどではなく、ドキュメントをまとめるためのExcelやWordであったというのもよくある話である。そんな時は、自分が行う業務の意義や必要性について理解するところから始めるのがよいだろう。単調で創造性を発揮するのが難しい業務であっても、意義や必要性が理解できれば取り組む意識が変わるかもしれない。さらに、プログラミングやITの知識があるならば、そうした業務の自動化や効率化について考えるのもいいだろう。

「仲間」が仕事を面白くする

SEの仕事に悩みを覚えている人におすすめしたいのは、プログラミングやITについてのよい相談相手を見つけることである。このとき、プログラミング能力に優れていて、前向きに仕事に取り組んでいる人は、よい相談相手にはならないことが多い。そのような人は、チームの主力として忙しいため、相談には乗りにくいのである。相談相手になるのはむしろ、プログラミング能力やITの知識がありながらも、その力を発揮できないでいる人、いわばチームで浮いているような人である。SEの現場では、実力がありながらも浮いてしまっている人がいるケースも多いと思われる。そうした人たちにとっても、自分の力が他人の役に立つ機会を与えられるというのは喜ばしいだろう。さらに言えば、そのように浮いているような人をチームに溶け込ませる役割もありそうだ。先述の通りSEにはプログラミングも以外にもさまざまな能力が求められている。協力・分業して自分のできること、能力を活かせることをやればいいのである。

ITの世界で画期的な技術や商品が登場するときには、2人の人間が協力しているケースが多い。たとえば、世界初のコンピューターとされるENIACをつくったジョン・エッカートとジョン・モークリー、UNIXとC言語をつくったケン・トンプソンとデニス・リッチー、Apple社を創業したスティーブ・ジョブズとスティーブ・ウォズニアック、Google社を創業したラリー・ペイジとセルゲイ・ブリンなどがあてはまる。こうした人たちも、自分たちの能力を活かして協力・分業したからこそ大きな成果をあげてきた。悩めるSEにとって、彼らから学ぶべき点はあるはずだ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る
error: Content is protected !!