株式会社オージス総研Copyright © OGIS-RI Co.,Ltd. All rights reserved.

まだ現金払い?情シスなら電子マネーでスマートに買い物を!

様々な店舗で見かける、「電子マネー利用可能」の表示

びっくりするんですが!

コンビニ各店ではあれほど電子マネーの対応が増えて、しかも特定の電子マネーで支払えばポイントがたくさん貯まったり、値引きになる特典があったり、店内放送等でも熱心に宣伝していると言うのに、多くの人々が未だに現金払いしている状況にびっくりします。

なぜ皆さん電子マネーを導入しないのでしょうか?電子マネーならポイントや値引きのお得なメリットに加えて、小銭の用意が不要で、なおかつ読み取り端末に電子マネーカードや携帯電話をかざすだけで支払いが完了するので、お得なだけでなく便利です。

常にITの最先端に立ち、情報システムについて詳しいみなさんなら、「電子マネー?ああ、当然使ってるよ」とおっしゃられることと思われますが、念のため!念のために!「電子マネーを使うことで得すること」「いくつかある電子マネーの中でもおすすめなもの」について紹介します。当然知っているネタですみません!

電子マネーを使うメリット

街中の自動販売機のほとんどが電子マネーを使用できる。

冒頭でも書きましたが、改めて電子マネーのメリットについておさらいします。要点は2つ「現金よりもお得」「現金よりも早い」です。

まずは「現金よりもお得」について紹介します。電子マネーの多くが、利用金額に応じてポイントが貯まる仕組みになっています。たいてい、100円で1ポイントまたは200円で1ポイント貯まります。貯まったポイントは1ポイント=1円として、電子マネーの残高に還元できます。

つまり、100円払えば1円戻ってくる計算です。現金払いなんて、レシートしか返ってきませんからね。

「100円払って1円戻ってきても、雀の涙でしょ…」と思う方もいるかもしれません。しかし、特にコンビニでは特定の電子マネーを利用することで貯まるポイントが倍増したり、値段自体が割引になったりする特典もあります。

  • セブンイレブン:nanacoで対象商品を購入するとポイント倍増
  • ローソン:dカードのiDで払うと割引
  • ミニストップ:WAONで対象商品を購入するとポイント倍増

続いて「現金よりも早い」点についてです。

電子マネーで支払う際には、店員さんにどの電子マネーで払うかを告げます。その後、電子マネー読み取り機器に電子マネーをかざすと、音が鳴って決済が完了します。

クレジットカードのように店員さんにカードを渡す必要もありませんし、お釣りを受け取る必要もありません。いくつかある支払い方法の中でも、電子マネーこそが最も便利でスピーディーだと言ってもいいでしょう。

しかし賢い人はこう思うでしょう。「電子マネーってSuicaみたいなやつのことだよね?チャージしなくちゃいけないし、いちいち残高を気にして生きるのは野暮じゃないか」と。確かにその通りなのですが、電子マネーの中にはオートチャージに対応していたり、そもそもチャージが必要ない電子マネーもあったりします。

では続いて、おすすめの電子マネーについて紹介していきます。

おすすめ電子マネー3選

チャージがいらない電子マネー:iDとQUICPay

iD、Quicpayの2つが使える電子マネーのカード

先ほど紹介した通り、電子マネーは便利ですが残高を気にしなきゃいけないのが面倒ですよね。そんな欠点を補ってくれるのが、iDとQUICPayの2種類の電子マネーです。

これらの電子マネーは後払い式の電子マネーで、支払った金額はクレジットカード利用分として請求されます。iDもQUICPayも、利用するためには引き落とし先となるクレジットカードに入会する必要があるのです。

オリコカード・ザ・ポイントやJCB EITなら年会費無料で入会できるうえ、入会後すぐにこれらの電子マネーをすぐに利用できるためおすすめです。めんどくささを忘れさせてくれる究極の電子マネーと言えるでしょう。

加盟店が多く使える場面が多い:楽天Edy

楽天Edyのカード読取機

楽天カードに申し込むだけで誰でも簡単に利用できる楽天Edyも、おすすめの電子マネーです。

楽天Edyの魅力は加盟店が多い点です。主要コンビニはもちろん、スーパーやドラッグストアなど、豊富なお店で利用できます。

また、楽天Edyなら200円の支払いごとに楽天スーパーポイントが1ポイントが貯まります。楽天スーパーポイントなら楽天市場での買い物で1ポイントを1円として使える他、楽天トラベルでの宿泊代など、様々なサービスに利用できます。

特に最近では、楽天証券を通じて投資信託までも楽天スーパーポイントで購入できるようになりました。ポイントでの投資ならば現金と比較して少ないリスクで投資を始められます。

また、おサイフケータイ版の楽天Edyを使えば、貯まるポイントを楽天スーパーポイント以外のポイントに設定できます。中にはANAマイルもあるので、日常の買い物でマイルをコツコツ貯められます。

ビューカードと組み合わせればよりお得:Suica

モバイルSuicaとビューカード

ご存知Suicaです。関東圏の方にとってはお馴染みでしょうけど、それ以外の地域の方には馴染みがないかもしれません。

Suicaをはじめとした交通系ICカードは、電車の改札で使えるだけでなく、コンビニやファストフード店など、意外と多くの場所で利用できます。

Suicaの利用でポイントが貯まるお店は、関東圏の一部のお店に限られますが、ビューカードと呼ばれるクレジットカードを使うことでよりお得に利用できます。

通常、Suicaにチャージする際にはチャージするしかありません。しかし、ビューカードがあれば、クレジットカード払いでチャージできるようになります。また、モバイルSuica(iOS版含む)があれば、アプリ内でのチャージも可能になります。

しかもビューカードからのチャージなら、チャージ金額1,000円ごとにSuica15円分のポイントが貯まります。また、ビューカードの中でもANA VISA Suicaカードや、JALカード Suicaを使えば、チャージでANAマイル、JALマイルもそれぞれ貯まります。

ビューカード+Suicaがあれば、電車も買い物もお得に利用できちゃうわけです。普段からSuicaを使っている方なら絶対にビューカードも持っておきましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る
error: Content is protected !!