情報システムご担当者へ時事動向や日頃の業務に役立つ情報をお届けします。

仕事がはかどるノマドワーカー向けカフェの条件

最近はフリーランスで仕事を請け負うITエンジニアも増えてきた。ITエンジニアの仕事は、パソコンとインターネット環境さえ整えば決まった場所で行う必要はない。むしろ、自宅に籠って仕事をするより、積極的に外に出て仕事ができる場所を探しているエンジニアも多いだろう。
エンジニア以外の普通の会社員であっても、外出先で空き時間ができたとき、メールの確認や資料作成などの仕事ができる場所を探している。そういったノマドワーカーのために、最近は仕事ができる環境が整ったカフェが増えてきた。ここでは、仕事がしやすいカフェの条件について見てみよう。

テーブルの数が少ない店やテーブルの間隔が狭い店は避けよう


筆者もノマドワーカーとして、コワーキングスペースやカフェをよく利用する。コワーキングスペースの場合は利用者同士が大きな声で会話していることはあまりないが、カフェの場合はむしろ会話するために来店するような場所なので、それなりに騒々しい。人の会話が気になって集中できない人もいるだろうが、むしろある程度の雑音がある環境のほうが、かえって集中できるという人もいるだろう。

とはいえ、一般的なカフェは一人でも多くのお客さんに利用してもらいたいために、長時間テーブルを占有してしまうノマドワーカーを好まない店も多い。そういった店でノートパソコンを開いて長居をしていると、そのうち店員の目が気になりだしてどうにも落ち着かなくなってくる。

効率的に仕事をするために、まずはお店の扉を開けた段階で、ノマドワーカー向きかそうでないかを見分けよう。一番簡単な見分け方は、店内のテーブルの数だ。あまりテーブルの数が多くない店は客の回転を重視している場合もあり、長居する客は歓迎されないことがある。

テーブル数が少なくても、「電源使えます」や「Wi-Fi使えます」などの表示がある店は、ノマドワーカーの利用を歓迎していると考えて良いだろう。しかし、ノマドワーカー歓迎をうたっている店やテーブル数が多い店であっても、隣の席との間隔が狭いカフェでは隣のグループの話し声が気になって集中できなかったりするため注意が必要だ。

利用してみないとわからないカフェの使い勝手


一方、入店時に簡単にチェックできないのが照明だ。適度に騒がしくてテーブル同士の間隔も広く、仕事がしやすそうと思って案内されてみると、席に照明が十分に届いていなくて資料の字が読みにくかったりする場合もある。
また、空調も実際に利用してみないとわからない。夏場などは、店に入った瞬間は涼しくても、じっと座っていると肌寒さを感じることもある。さらにトイレや出入口の近くの席は人の行き来が激しいので、気が散ってしまうことも多々あるだろう。
照明や空調に関しては、同じ店でも席によっていろいろと感じ方が違うので、自分にあった条件を満たしてくれる席を探すほかない。

他にも、プラスチックや木の椅子は硬く、冷たさも伝わってくるため長時間の作業には不向きだ。長時間猫背の姿勢を続けていると健康面でもよくないので、できるだけ正しい姿勢で作業ができる席を確保したい。

ノマドワーカー歓迎のカフェであっても、フリースペースを開放しているわけではないことを忘れないでほしい。長居をする場合はそれ相応の対価を支払ってあげたいものだ。基準としては、1時間を過ぎたら新たにドリンクなどを注文するくらいが適度なマナーかもしれない。

'