情報システムご担当者へ時事動向や日頃の業務に役立つ情報をお届けします。

情シスとして知っておきたいプログラミング言語の概要

情シスにいると、JavaやC、PHPなどといったプログラミング言語の名前に接する機会も多いはずだ。情シスでは、プログラムを実際に書く必要はなくても、プログラミング言語の概要を知っていた方がスムーズに仕事を進められたり、エンジニアと円滑にコミュニケーションをできる場面もあるだろう。
そこで、情シスとして知っておきたいプログラミング言語の概要を説明したい。

さまざまなプログラミング言語

情シスとして知っておきたいプログラミング言語の概要_1
1972年に開発された比較的古いプログラミング言語。学校などで教えられることも多く、習得しているベテランのエンジニアも多い。さまざまな用途で使われており、特に機械や家電などの中に組み込まれるシステム(組み込み系)ではC言語が一般的に使われる。また、プログラムの実行速度も高速である。
一方、C言語をきちんと習得するにはコンピュータ内部の動作の理解が必要であり、難しい言語であるといえる。特にメモリーまわりの記述が複雑で、バッファオーバーフローと呼ばれるセキュリティ問題を引き起こしやすい。そのため、企業向けのシステム開発などでは、C言語を使う場面は限られている。近年ではIoTの普及により、センサーなどの機器を制御するためにC言語を使う場面が増えているようだ。
C++やObjective CはC言語にオブジェクト指向と呼ばれる手法を取り込んで改良したもので、とくにC++は多くの場面で使われてきた。ただし、C++ではなくあえてC言語が用いられる事例も多い。
Objective CはiOS(iPhoneやiPadなど)のアプリ開発で使われてきており、近年ではApple社が開発したSwiftという言語で置き換えられつつある。

Java

1990年にサン・マイクロシステムズで開発された。学校などで教えられることも多く、習得している若手のエンジニアも多い。現在、企業向けのシステム開発でもっとも一般的に使われるプログラミング言語であり、またAndroidスマートフォンのアプリ開発にも使われる。
Javaは、C言語やC++で判明した問題点を検証した上で開発されているため、扱いやすく習得しやすい。特にメモリーまわりの記述は、C言語などよりも簡単でセキュリティ問題も起こりにくくなっている。さらに、一般に実行速度が高速な点も利点である。
一方、組み込み系などの分野では、Javaが使われる場面はまだ限られている。企業向けのシステムなどでも、特に中小規模のWebシステムなどではPHPやRuby、Pythonなどのプログラミング言語を使った方が開発効率が高い場合もある。
Scalaは2001年に開発された、より高い開発効率を考慮したプログラミング言語。Javaと同じ動作環境で実行でき、既存のJavaプログラムとの連携もスムーズにできる。また、C#は2002年にマイクロソフト社によってJavaの影響を受けて開発された言語で、主にWindows上で動作する。Java同様に企業向けシステムで用いられることが多い。

PHP

1995年に開発された、Webシステム構築に特化した言語。用途を特化していることもあり、習得しやすく開発効率の高い言語である。数多くのエンジニアが習得しており、インターネット上の百科事典WikipediaやブログシステムWordpressなどの有名なオープンソースWebシステムが、PHPで構築されている。
PHPでは、過去に深刻なセキュリティホールが何度か報告されており、また設定やプログラムの記述方法により発生するセキュリティの問題にも特に留意する必要がある。

JavaScript

1995年に開発された。主に、Webブラウザ上で動作するプログラミング言語。HTMLやCSSだけでWebサイトを構築した時には実現できない、ユーザーの操作に応じた表示の変更や複雑なレイアウトが可能。JavaやPHPなどの言語と組み合わせて用いられることが多い。近年では、JavaScriptを使いやすくする目的で開発されたjQueryやTypescriptが用いられることも多くなっている。

RubyとPython

Rubyは、1993年に日本人のまつもとゆきひろにより開発された。汎用で習得しやすく開発効率の高いプログラム言語で、テキスト整形などのちょっとしたツールを作る場合にも便利である。2004年にRuby on Railsが出現して以来、Webシステム構築にも多く使われるようになった。
Pythonは、1991年にオランダで開発された、汎用で習得しやすく開発効率の高い言語。Rubyと似た特徴を持っており、もともとは、日本国内ではRuby、海外ではPythonが使われることが多かった。近年では数値計算や統計、機械学習などの分野を中心に、日本国内でもPythonが使われることが多くなっている。
RubyやPythonは、大規模な企業向けシステムやWebシステムでは、JavaやPHPに比べて実績は少ない。また、プログラム実行速度は、Javaに比べて劣る。

プログラム言語のランキングと流行

情シスとして知っておきたいプログラミング言語の概要_2
世界的なプログラミング言語の流行の様子を知るためには、「プログラミング言語ランキング」を調べるとよい。TIOBEでは、複数の検索エンジンの検索結果をもとにした、プログラミング言語の人気ランキングを毎月発表しており、その動向はエンジニアの話題にもなっている。また、日本国内においては「プログラミング言語別給与ランキング【2015年版】」という興味深いデータも発表されている。

情報システムの開発・維持に欠かせないプログラミング言語。あらためてその動向をチェックすることも情シス担当者にとってはきっと役に立つと思う。

'