株式会社オージス総研Copyright © OGIS-RI Co.,Ltd. All rights reserved.

シンギュラリティと労働の移り変わり

人工知能が自己学習を始めることによって加速度的に知能を高め、人類の知能を超えるある時点のことを、シンギュラリティ(Technological Singulality)と呼ぶ。日本語では技術的特異点と訳される。人間の知能を超えることによって、人間が人工知能の考えることを予測することができなくなる。そして、これまで人間が行っていた仕事を代わりに担う可能性が非常に高いとされている。

シンギュラリティが起きた時、我々の労働はどのように変化するのか考えてみたい。

シンギュラリティによって人間の仕事が奪われる?

%e3%82%b7%e3%83%b3%e3%82%ae%e3%83%a5%e3%83%a9%e3%83%aa%e3%83%86%e3%82%a3%e3%81%a8%e5%8a%b4%e5%83%8d%e3%81%ae%e7%a7%bb%e3%82%8a%e5%a4%89%e3%82%8f%e3%82%8a01
なぜ人工知能が人類の知能を上回るのかというと、自動学習のプログラムが動くからである。プログラムが自ら学習し、さらに優秀なプログラムを自ら作成すると加速度的に知能レベルが上がっていく。そして人類の知能を超えた段階で、我々の知能では考えられない超越的な知能が誕生する。さらに、我々のレベルでは想像も付かないようなその知能が、次々にもっと優秀なプログラムを作り続けることが考えられる。

シンギュラリティを超えた状態になると、我々の仕事が楽になる、もしくは代わりに労働をしてくれるという考え方もあるが、一方で我々の仕事を取られてしまう、我々を危険にさらす可能性があるという危険性も示唆されている。

例えば、運送業界は自動運転技術によって、人工知能が代わりに労働を行うようになるかもしれない。そうすると運転手の仕事は少なくなり、運転手という仕事自体がなくなる可能性もある。

他にも、工場の生産ラインで人の手を使うことがなくなるかもしれない。ロボットが不眠不休で働くことにより、人件費の削減や工場作業の危険性を下げることにも繋がるが、人間の仕事がなくなる可能性がある。単純作業はプログラム化しやすく、人工知能に代わられやすい。

シンギュラリティの前に労働者が考えるべきこと

%e3%82%b7%e3%83%b3%e3%82%ae%e3%83%a5%e3%83%a9%e3%83%aa%e3%83%86%e3%82%a3%e3%81%a8%e5%8a%b4%e5%83%8d%e3%81%ae%e7%a7%bb%e3%82%8a%e5%a4%89%e3%82%8f%e3%82%8a02
人工知能が我々の労働を奪ってしまう可能性があるといっても、いきなりすべてが取って代わられるということは考えにくい。前述のように、まずは単純作業から徐々に代わっていったり、最初は協業することになりそうである。

一般的に、高収入とされる医者、弁護士、経営者の仕事は人工知能には代わりにくいと言われる一方、これらは知能を使った仕事であるということを考えると、人工知能に代わりやすいという考え方もある。肉体労働はロボットなどハードウェアも開発しなくてはならないので、そちらの方が人工知能に仕事を取られにくいかもしれない。

いずれは芸術、音楽などの創造的分野も人工知能が創造できるようになるかもしれないが、人類特有の発想力はシンギュラリティ後も活かせるのではないだろうか。

たとえば製造業では、産業革命によって短期間で多くの製品を量産することができるようになったが、製品自体の美しさに欠けるということから工業デザイナーという職業が生まれた。また、出版業界では主軸が紙からWebに変わるタイミングでWebデザイナーという職業が生まれた。そしてIT業界では、PCの普及とともにITエンジニアという職業が生まれた。このように、時代や技術の変化と共に新しい職業が生まれるのである。この考えはシンギュラリティの前後にも当てはまるのではないだろうか。

シンギュラリティによって新しい時代が始まった時に、自分の仕事の経験をどのように活かすことができるのかを今から考えておきたい。

変化に対応する

%e3%82%b7%e3%83%b3%e3%82%ae%e3%83%a5%e3%83%a9%e3%83%aa%e3%83%86%e3%82%a3%e3%81%a8%e5%8a%b4%e5%83%8d%e3%81%ae%e7%a7%bb%e3%82%8a%e5%a4%89%e3%82%8f%e3%82%8a03
シンギュラリティを迎えるまでは、ITに関する仕事は今後も増え続けるであろう。ただし、言われた通りの作業をしているのか、自分の頭で考えて作業をしているのかでは価値が変わってくるのではないだろうか。考えたことをアウトプットして、新しいサービスや価値を生み出したり、新しい提案ができるようなエンジニアになることが長期的には求められると考える。

時代の移り変わりと共に、世の中の職業も変化を遂げてきた。シンギュラリティを迎えた時にどのような職業が必要になるのかはまだわからないが、先人たちも先がわからない中で変化に応じて新しい職業を生み出してきた。これからシンギュラリティを迎える我々は、的確に変化を読みその変化に常に対応できるようにしておくことが大切である。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る
error: Content is protected !!