オージス総研

運用どうしよう…

  • 一般的なオフィスビルでは、実施日時に合わせて電源供給が停止してしまいます。停電によりサーバが故障しないように事前に電源を落とし、法定停電後は各機器が正常に動作するか点検負担が発生します。

  • 人の出入りが多いオフィスビルでは、データ盗難のリスクが高まります。サーバルームには入退場管理を制限・記録できるようにするなど仕組み作りの負担が発生します。

  • 多くの企業では運用担当者の人数が限られる一方、システム監視や障害対応など運用負荷が大きいことが現状です。

  • データを専用に管理する設備でないオフィスビルで地震など自然災害が発生した際、人が無事でも重要なデータが災害によって消失してしまうリスクが高まります。万が一、災害によってデータが被災してしまうとシステムやデータ復旧のため、事業の継続に大きな支障となります。

  • 商用電源+自家用発電機など電源供給が冗長化されているため、法定停電時も安定した電力の供給が可能となっています。停電によるサーバ電源のオフオンや電源を入れた後の機器の動作確認の手間をなくすことができます。

  • データセンターは入館時に事前申請を求めており、予定外の入館は不可となっています。また入館や入室ゲートに生体認証を設置しており、事前登録された人物以外の出入りを防いでいる施設もあり、サーバルームへのセキュリティの仕組みを構築する負担をなくすことができます。

  • ほとんどのデータセンターでは、サーバなどを運用・管理するために専用スタッフとサービスを用意しています。自社に合ったサービスを上手く活用することで運用負担を軽減することができます。

  • データを守るための地震や水害、火災など事前災害を考慮した堅牢な構造となっており、IT機器への影響を最小化する仕組みが作られています。

データセンターでの運用・管理サービス内容は、センター・業者ごとに異なります。ITライフサイクルに沿って「自社にどのようなサービスが必要か?」を考え、検討することが大切です。

会社の成長に合わせて、情報システムも変化します。そのため、現状対応可能な運用サービスにとどまらず、ITライフサイクルをベースとしたシステム管理サービスを提案できるデータセンターを選べば、運用に関わる負担を減らすことができます。

自社の成長に合わせて、幅広く対応や提案してもらえると助かるなぁ~

その他の運用管理

運用どうしようのTOPに戻る

お気軽にお電話ください

ページトップへ