オージス総研

引っ越しどうしよう?

データセンターへのお引っ越しで押さえておきたいポイント

考慮すべき停止期間

自社サーバルームにあった機材をすべてデータセンターへ移設する場合、サービスを停止させる時間を考慮しましょう。物理的に機器を移し替えることになるので、自社からの撤去に始まり、移送時間、データセンターでの設置、テスト稼働などサーバが新しいデータセンターで稼働を始めるまでの時間が必ずあることを把握し、プロジェクト管理を行うことでリスクや停止期間を最低限にすることが大切です。

引っ越しのリスク

サーバルームからデータセンターへ、自社が持っているハードウェアを移送する際には破損リスクを忘れてはいけません。それまでは順調に動いていた機器でも、移送による振動や衝撃により、不具合が生じるケースは多々あります。特にファンやドライブ類といった、回転するパーツは移設時に破損することが多くあります。

クラウド活用

AWS (Amazon Web Services)などのクラウドのサービスでは様々なサーバ環境を用意しており、一般的に次のような利用が適しています。
恒常的な利用に適しているデータセンターの物理環境と、クラウドを組み合わせて柔軟な環境を作ることでコスト、規模、可用性などの最適化を目指しましょう。

データセンター引っ越しのお悩みを解決します

データセンターへのお引っ越し以外のポイント

カテゴリートップへ戻る

お気軽にお電話ください

ページトップへ